ボクシング ダイエット-運動嫌いな私でも効果的に痩せる-

12.ストレッチの重要性

ボクシング ダイエット-運動嫌いな私でも効果的に痩せる-

一見するとストレッチという動作は非常に地味ですが、非常に大切な運動であるストレッチであります。
それは何故かといいますと、運動を行う人にとっての天敵である怪我の発生を防ぐ事につながるからです。
ストレッチを行うか行わないかとでは怪我が発生する確率が随分と変わってきますし、長年ストレッチを行う習慣を続けると怪我をし辛い身体へとも変身出来るようです。
そんなストレッチの具体的な効能ですが、まずは筋肉や関節をほぐすことによって体温が上昇します。体温が上昇することによって上手く身体が動くようになり、運動を行う際の効果が一層上がります。
それに加え、身体を大きく動かす前にあらかじめ身体を動かしておくことによって、突然身体を動かした際に身体を痛めてしまうことを防ぐ効果もあります。
ボクシングダイエットはダイエットが目的なのですが大きく身体を動かすことには変わりがありません。折角運動をして痩せかけたとしてもそこで怪我をしてしまってはダイエットの為の運動が出来なくなりますし、精神的にもあまり宜しいものではありません。それらのマイナス効果を防ぐためにも、ボクシングダイエットを行う前に入念なストレッチを行ってからハードな実践部分へと移行すればより効果が上がるかと思います。
様々な運動ではその練習前は準備運動としてストレッチを行う必要がありますが、練習を行った後でもストレッチを行っています。
同様に身体を消耗させるボクシングダイエットでも同じ位、実践後にストレッチを行うが重要であります。
それは何故かといいますと、ボクシングでダイエットを行うことによって全身の筋肉を使用することになります。
全身の筋肉を使うと言う事は、筋肉に疲弊が起きます。
たいした疲労りょうでないのなら良いのですが、ボクシングダイエットはハードであります。
つまり、筋肉の方も酷く疲弊してしまいます。そうなってしまうと翌日以降に筋肉痛になってしまう危険があります。
筋肉痛になった時ってつらいですよね。筋肉痛になってしまった部位と言うのは自由に動かしたくても動かせませんし、下手したら身体が釣ってしまいます。
その様な状況下でボクシングダイエットの為の運動を行うとなると、大した動作が出来なくなってしまいますし、痛い思いをしながらやらなければならなくなってしまうのでメンタル的にも厳しくなってしまいます。勿論、治るまで何もしなければいいのですが、今度はその何もしない時間というのが無駄になってしまいます。そうなってしまっては時間の観点からも見て、ボクシングダイエットの効率が非常に落ちてしまいます。
つまりはそれ等のロスを回避する意味でもクシングダイエット後にストレッチを行うことも非常に重要であります。

13.ストレッチをする時の注意点

目次